Your global value chain alliances let your customers make additional benefits

It would be a matter of time turning into competitive situations even if you found your new market and released new products. Nowadays, your rivals easily imitate your products and business model through Internet and technologies.

Basic trading business concept is that someone brings a product from an existing market to another new market. However, it is easy turning into competitive situations and we saw that many Japanese products sales Eastern Asia such as Hong Kong, Taiwan, Singapore, where the supply from Japan are higher than their market demand,  and they are participate into price wars.

How long can you enjoy such peaceful market is non-competitive “Blue Ocean” from competitive situation “Red Ocean”?

A purpose of global value chain is usually recognised for cost reduction way only for mass market.

However, as a global market main stream, countries tend to connect and make borderless market.

 


自社のバリューチェーン全体から顧客価値を創出することにより、マーケットにおける稀少価値を高め、自社利益を創造していきます。


自社の既存商品を、未開のマーケットに輸出/販売だけでは、現在のマーケットと同じく競合に陥るのは時間の問題です。

未開のマーケットで競争が起こらない状態を創り出すためには、国内マーケット用に構築された”製造までの仕組み”を見つめ直し、価値を創り出し、競合しない仕組みであるバリューチェンモデルを新たに構築する必要があります。

「単純に商品・サービスを輸出、輸入するだけの貿易の終焉」

The period of simply import and export trading structure ended

商品がある地域から無い地域へ運ぶことが貿易の基本ですが、それだけでは、直ぐに競合が生じて、価格競争が激化してしまいます。すでに、香港、台湾、シンガポールなどの卸、小売業では、日本製品の売り込みが供給過多で、価格競争に陥っていることを良く耳にします。

「商品の販売先開拓集中型から自社バリューチェーン・モデル構築へ」

「現状のマーケットの競合(レッドオーシャン)から、海外の未開拓(ブルーオーシャン)へ。」はいつまでも安泰でしょうか?

現代の、情報、物流(ロジスティック)、経済連携協定(FTA/EPA)などが発達している昨今、未開の地を闊歩できるのも、時間の問題です。従って、商品設計から競合が入れない状態、価格競争に陥らない方法を海外マーケットでも、自社のサプライチェーン全体から価値を連鎖する、バリューチェンを設計して、運用していくことが海外マーケット進出で必要です。

つまり、供給過多にならない状態を設計・構築してから供給していく、自社のバリューチェーン全体のモデルが必要です。

ワールドゲートは、商品・サービスの輸出入のみではなく、自社独自のバリューチェーン構築により、非競合による持続的成長のお手伝いをします。


 

  • 稀少価値:ある特定のマーケットにおいて、需要が供給を上回り、取得しにくい状態
  • バリューチェーン:材料の調達から製品・サービスが顧客に届くまでの企業活動を、一連の価値(Value)の連鎖(Chain)としてとらえる考え方
    (* サプライチェーン:供給連鎖管理とは、物流システムをある1つの企業の内部に限定することなく、複数の企業間で統合的な物流システムを構築し、経営の成果を高めるためのマネジメント手法)