海外販売展開(輸出)について

「日本製品」だから価値のある時代は終わったからこそ、御社、バリューチェーン全体から俯瞰して、海外マーケットから稀少価値の高い需要を創造していきます。

「国内販売が低調だから、海外マーケットに活路を見出す」、「海外の展示会に参加する」などの相談を受けますが、どれも、顧客視点に立脚していないので、日本製品だからとそのまま製品を海外へ持って行っても、売れにくい時代になっています。それは、円安効果もあり、海外から日本観光が増え、日本製品に海外が触れることになったこともあり、独自で、日本製品を輸入する海外卸、小売りが増えていることです。

従いまして、海外展示会に出しても、あまり結果に結びつかないという声を良く耳にします。また、自社製品の競合が国内に存在しているということは、すでに海外マーケットでも競合が存在していると認識するべきです。


商品単体にフォーカスせずに、バリューチェーン全体から俯瞰して、海外マーケットにおいて稀少性を高める設計を行う。

上記のように、商品単体を単純に、海外輸出する時代は終わったと言っても良いでしょう。その代わり、日本人の気質、技術力、また、ビジネス商習慣は、高く評価されているのも事実です。

このような状況の下、一方的なプロダクト・アウトな発想を改め、海外マーケットのニーズ、パートナー、流通チャネルなどバリューチェーン全体から、海外マーケット販売を定義していくことにより、海外マーケットでも独自のポジションを形成、稀少価値を高めることに成功するはずです。

一筋縄ではないかない海外輸出ですが、急がば回れ、の発想から、弊社をご活用いただければ幸いです。